頚椎ヘルニア 枕

頚椎ヘルニアとストレートネックの違い

 

※ここは知っている方は読みとばして下さい。
記事後半で「頚椎ヘルニア治療にふさわしい枕」を解説しています。

 

 

頚椎ヘルニアとストレートネックは混同しやすいですが、
厳密には違います。

 

 

ストレートネックとは、文字通り、
本来カーブしているはずの頚椎がストレートになった状態のことをさします。

 

症状としては、肩こり、首の痛み、頭痛などです。

 

 

一方、頚椎ヘルニアとは、首の軟骨組織(椎間板)の中にある髄核が外に飛び出ることで
引き起こる病気です。

 

症状としては、首や肩に痛みやしびれが出ます。

 

 

両者を比較すると、
一般的には、頚椎ヘルニアの方が症状が重いとされています。

 

 

しかし、ストレートネックが長続きすると、頚椎ヘルニアを誘発する恐れがあるので、
注意が必要です。

 

 

頚椎ヘルニア治療にふさわしい枕とは?

 

頚椎ヘルニアの枕選びは、
基本的には、ストレートネックと同じです。

 

頚椎のカーブを保ちつつ、かつ、
寝返りがしやすく首に負担にならない枕が理想です。

 

 

よくある疑問が「テンピュールではダメなの?」ということです。

 

たしかにテンピュールは低反発枕としては優れています。
しかし、頚椎ヘルニアには向いていません。

 

なぜなら、テンピュールなどの低反発枕は
寝がえりしづらく、同じ姿勢のまま寝るので
首に負担がかかるからです。

 

 

頚椎ヘルニアの枕として理想なのは

  • 寝返りが打ちやすい
  • 頚椎のカーブを維持できる

この2点です。

 

 

調べたところ、これに当てはまる枕は「六角脳枕」しかありませんでした。

 

六角脳枕

 

この枕はストレートネックだけでなく、頚椎ヘルニアにも有効です。

 

実際、頚椎ヘルニアに良いという口コミがいくつか寄せられているので、
紹介します。

 

 

口コミ

 

どんかさん 40代女性

頚椎ヘルニアの私にとって枕選びは大変なのですが、
使ったまだ数日ですが、自分に合っているのが実感できます。
最初は少し低いかなと思いましたが、2〜3日で自分にフィットしました。
個人的には使用感は羽根枕より良い感じです。
枕が合わないと無意識に枕をはずすくせがあるのですがそれも今のところありません。
オススメです!

 

ananさん 40代女性

頚椎ヘルニアの補助として購入しました。
まだ頚椎カラーを付けているんで何とも言えませんが、
1度はずして寝てみたのですが、
今までに感じたことの無いフィット感でとても気に入ってます。
ちょっと値段が高い気もしましたが、
これで安眠できているので逆に感謝しています。

 

 

詳細は、以下の公式サイトで確認してみてください。

 

>>六角脳枕はこちら

 

 

RSS購読
ストレートネック矯正枕 六角脳枕の口コミ